濃い毛で悩んでいる男性はいますぐ脱毛エステへ

ムダ毛の処理というと女性だけのものではありません。

 

男性がムダ毛に悩んで日夜一人で処理しているなんていう話もあるのです。

 

それは、どんなに清潔にしていてもムダ毛がいっぱいの男性なら「清潔感」を感じない人が増えているからです。

 

髭や腕、胸の体毛がもじゃもじゃ茂っているままだと、どうしてもむさ苦しい、暑苦しい印象がしてしまいます。

 

自分の体毛も濃いなと感じている男性がいたら、まずはどの程度かセルフチェックしてみましょう。

 

 

・腕毛
腕毛も太くてふさふさしているようなら人の目が行きやすくなります。
腕毛と同じぐらい手の甲もふさふさしていたら、余計に目立ちます。
お仕事でヒジ下を露出する機会の多い人はある程度まで処理しておく方が無難です。

 

 

・すね毛

 

夏の短パンもすね毛がもじゃもじゃだと見た目に嫌悪感を与えてしまいます。

 

ある程度処理するか、ツルツルぐらいのほうが女性には好まれるでしょう。

 

 

・胸毛

 

日本人は比較的、胸毛の濃い人は少ないものの、なかには乱れるように濃く生えている人がいます。

 

縄文顔のように濃いめの顔をしている男性ならまだしも、スッキリしてかわいい顔立ちの男性ならイメージとそぐわない胸毛は処理しておくべきです。

 

Tシャツを着て首元から胸毛が出るぐらいならかなり濃いので毛量を減らしましょう。

 

 

・わき毛

 

タンクトップなどを着る機会が多い人なら腕を上げていなくてもわき毛がはみ出るほどなら濃すぎです。

 

夏場はとくにわきからはみ出ないように気をつけましょう。

 

 

・へそ下や太もも

 

パンツの上下からはみ出るようなムダ毛はむさ苦しいだけでなくう陰毛と同じような印象を見る側に与えてしまいます。

 

不潔な感じもしますのでパンツにムダ毛が隠れるぐらいまでは薄くしておきましょう。

 

 

男性のムダ毛はカミソリでも処理できますが、埋没毛や肌荒れのトラブルになりやすいためできれば自己処理は避けるべきです。

 

とくに毛の濃い人なら気になる部位をまとめて脱毛エステで処理してもらう方が長い目で見てとってもお得になります。

 

まずは、ハサミや除毛クリームなど肌に直接カミソリを当てないような方法で毛の量を調節してみましょう。

 

うまくいかなくて、さらにきちんと脱毛をしたいのならエステでの施術をおすすめします。