ひげ脱毛ってどのくらい痛い?〜耐えられる刺激なのか?〜

男性は女性よりも痛みに弱いとされています。そこで注意したいのが脱毛の痛みになります。

 

ひげ脱毛を利用しようと思っている男性は多いわけですが、痛みについて気にしている方も多いですよね。

 

「痛いのであれば、ひげ脱毛はしない」

 

と述べている方も居るほどです。

 

こちらでは、実際にひげ脱毛をするとどの程度の痛みになるのか、といったことを解説します。

 

 

■最も痛くないのは「フラッシュ脱毛」である

 

・脱毛サロンで行っている脱毛方法が痛みは少ない

 

フラッシュ脱毛は、特殊な光を当てて、毛根にだけ影響を与える脱毛方法です。

 

黒い色にのみ反応する特殊な光を利用しているので、お肌に強い影響が出てしまうことも殆ど無いのです。

 

だからこそ、フラッシュ脱毛には大きな刺激があるわけではないのですが、注意してほしいことがあります。

 

実は大きな効果が期待できないのです。

 

フラッシュ脱毛は確かに多くの方に選択されているのですが、永久脱毛は出来ません。

 

痛みは少ないのですが、そのかわり大きな効果は期待できない、と覚えておきましょう。

 

 

■医療レーザー脱毛は少しばかり刺激を感じるケースが多い

 

・肌をゴムで弾いたような感触がある

 

刺激については、捉え方は人それぞれなので少し難しいところにもなります。

 

ただ、一般的にはそれほど痛くはないとされています、

 

医療レーザー脱毛は、美容クリニックで用いられている脱毛マシーンになりますが、実際に高い効果があり永久脱毛が可能です。

 

・人によっては激痛になることも

 

実際に非解脱王を受けた方の感想を聞いてみると、ゴムで弾いたといったものではなく、強烈な痛みがでてしまった方も少なくないのが分かります。

 

確かに、顔といった皮膚の薄い部分に対して利用するので、強い痛みが出てしまうのもしかたのないことかもしれません。この点には注意しておくべきです。

 

 

■最も痛みが強い脱毛方法|医療ニードル脱毛について

 

・激痛がでてしまい、施術が続けられなくなることも

 

毛穴に針を通して、毛根に対して直接電流を流して毛根を破壊する脱毛方法です。

 

最も確実に脱毛が出来る方法なので、効果については全く問題がありません。

 

しかし、電流を流すわけです。
痛みが出ないわけがありませんよね。

 

顔ではなく、ワキの下などに用いられることもあるわけですが、そちらでも途中で断念してしまう方は多いです。

 

顔であれば、痛みはより強くでます。

 

痛みについて弱い、と自認している方は医療ニードル脱毛は利用しないでくださいね。