痛みで比較!ヒゲ脱毛の種類を徹底調査してみた

ヒゲ脱毛と言っても施術方法は複数あります。

 

そのうち、どの方法を選ぶかで効果も変わってきますし、料金も変わってきます。

 

さらには痛みについても違いがあるわけです。

 

こちらではヒゲ脱毛を痛みから比較してみることにします。

 

特に痛みに弱い男性は注目すべきテーマですよ。

 

 

■痛みが最も少ないのは光脱毛だ!

 

・黒い色にのみ反応する特殊な光を利用している

 

毛を剃っている状態で、特殊な光を当てます。

 

その光は、黒い色にしか反応しません。

 

そして毛根など黒いものに反応すると熱を発して、毛に対して影響を与える、といった仕組みになります。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)に関しては、基本的に痛みは感じにくいです。

 

刺激は感じるのですが、痛くてどうしようもない、といったことは考えにくいのです。

 

ただし、光脱毛の中にもいくつかの種類があります。

 

痛みについても、その光脱毛の種類によって差がありますよ。

 

 

・特に痛みが少ないとされるのがSSC脱毛

 

ジュルを利用しながら脱毛します。

 

クリプトンライトという光がお肌に優しいので、痛みに発展しにくいメリットが有ります。

 

 

・光脱毛の中でも痛みがあるとされるのがIPL脱毛

 

インテンス・パルス・ライトと言った光を利用して脱毛を行う方法になります。

 

広い範囲を一気に脱毛できますが、痛みがあるので注意しましょう。

 

 

■まずまずの痛みを発する医療レーザー脱毛

 

・毛根を焼く特殊なレーザーを利用した脱毛方法

 

実は以前はサロンでも利用されていたことがりました。

 

しかし、作用が強く、火傷の症状が生まれてしまうこともあり、現在では医療機関でのみ利用できます。

 

火傷が起こる可能性もあるほどのレーザーを使うので、痛みはそれなりにあります。

 

強い痛みとは言いにくいかもしれませんが、肌が敏感な方にはキツイと感じるほどの刺激です。

 

テスト照射などをしてもらい、痛みを確認しておきましょう。

 

あまりに痛い場合は出力を下げて貰う方法もありますが、弱めると効果も弱くなるので悩みどころです。

 

 

■激痛に感じることもあるニードル脱毛

 

・脱毛界最強の痛みと効果があるニードル脱毛

 

あまりに痛くて続けて利用できない方もいるくらいです。

 

痛みが弱い方には絶対におすすめできない施術方法になります。

 

毛根の周囲の組織を電気で破壊するわけですから、いかに大きな刺激がお肌に与えられるのかも分かってもらえると思います。

 

ちなみに、ニードル脱毛は費用も高いので注意してくださいね。

 

その代わり効果は抜群なので、確実にヒゲ脱毛したい場合にはお勧めです。