ヒゲ脱毛は何回くらい通うと効果がでてくるの?

ヒゲ脱毛をするにしても、効果が確保されるまでの通う回数といったものが非常に重要になるわけです。

 

こちらでは、何回程度通えばヒゲ脱毛の効果が確保されるのか、ということについてお話しします。

 

ヒゲ脱毛には、

 

ニードル脱毛
レーザー脱毛
フラッシュ脱毛

 

以上の3つがあるので、それぞれについて効果が出るまでの回数に関する解説します。

 

ヒゲ脱毛をしようか迷っていた方は必見ですよ。

 

 

■ニードル脱毛は何回程度通えば効果が確保できるのか?

 

・狭い範囲であれば1回でも効果あり

 

ニードル脱毛位の素晴らしいところは、効果が確実である、といったところです。

 

毛を作る細胞などを直接的に破壊するので、1度の施術でその毛根からは毛が生えてこなくなります。

 

狭い範囲であれば、1回でもある程度の本数を減らせるので大きな効果が得られやすいのが特徴です。

 

しかし、ヒゲ脱毛と言っても頬などを施術するとなると、範囲も広いですし、本数も多くなります。

 

ですから、1回で確実な効果を得られるかは、範囲の広さに関わると覚えておきましょう。

 

 

・ヒゲ全体の効果を得るためにはどれだけの回数通えばよいのか

 

5回から6回程度は通うことが必要になってきます。

 

また、毛のサイクルも関係してくるので、1回行った部位からもまた毛が生えてくることがあるので、完璧にするためには10回程度通うことが必要になりますよ。

 

 

■レーザー脱毛は何回程度通えば効果が得られるのか?

 

・5回から6回は必要になる

 

レーザー脱毛の効果も極めて高いことで知られています。

 

しかし、毛のサイクルが休止期や退行期に入っていると効果が得られにくいので、複数回は通わなければいけません。

 

最低でも5回から6回通わなければ良い効果は得られにくいです。

 

期間としては1年程度が目安になります。

 

レーザー脱毛で完璧に近い効果を得るためには、12回程度通うことが必要になります。

 

 

■光脱毛(フラッシュ脱毛)は何回程度通えば効果が得られるのか?

 

・複数回通っても効果は得られにくい

 

光脱毛は非常に作用が弱いので、確実な効果を得るのは難しいです。

 

完璧な脱毛効果は基本的に得られないので、目指すところは毛が生えにくくなったり、成長が鈍化する、といったところになります。

 

10回以上の施術を受けると毛が産毛化する現象を得る方もいます。
中には18回コースを利用する方もおり、2年や3年程度通い続ける男性も多いですよ。

 

少しでも早く効果を得たい、と考えている方にはあまり向かない脱毛方法です。