憂鬱!ヒゲ剃りで肌荒れしちゃう人にオススメヒゲ脱毛

毎日のひげ剃りで、肌が赤くなっちゃう人っていますよね。

 

カミソリ負けをしてしまうのは、男性にもかなり多いのです。

 

そもそも毎日ヒゲを剃るわけなので、肌トラブルも出てきて当然です。

 

強い刺激を肌に与え続けることになるのですから。

 

そこで注目して欲しいのがヒゲ脱毛になります。

 

実際にヒゲ脱毛をすると、お肌に対してどんなメリットが出てくるのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

■ひげ剃りの回数が減るのでお肌が傷まなくなる

 

・逆さ剃りをしないで済むようになることも!

 

カミソリでお肌を傷つけてしまうことが多い行為があります。
それは逆さ剃りなのです。

 

深剃りをするために必要な行為でもあるのですが、お肌をカットしてしまう原因にもなりかねません。

 

一方で、ヒゲ脱毛をすればヒゲ自体が弱くなるのです。

 

生えにくくなってきたり、生えてこなくなったりもします。

 

ひげ剃りの回数も1日に1回から2日に1回、さらには3日に1回、といった感じにもなります。

 

ヒゲ剃りの間隔が開くことで、お肌に対する影響もどんどんと少なくなります。

 

肌が修復される期間が確保できるわけです。

 

毎日剃っていれば、お肌が修復かかっているところに、また刺激を与えてしまうことになりますよね。

 

それでは、いつまでたってもお肌の赤みが取れないわけです。

 

ヒゲ脱毛をすれば、お肌が修復され、1回あたりのひげ剃りの刺激も弱くなります。

 

圧倒的にお肌の状態が良くなって、ひとつのコンプレックスが消えることにもなるんですよ。

 

しかし、ヒゲ脱毛をするとなると、ひげ脱毛そのものの刺激について気になりませんか。

 

そちらも確認しましょう。

 

 

■ヒゲ脱毛自体の刺激は強いのか?それとも弱いのか?

 

・施術方法による

 

刺激が強いのがニードル脱毛とレーザー脱毛です。

 

痛みもかなり強いので、お肌トラブルになる可能性がないとは言い難いです。

 

一方で、光脱毛(フラッシュ脱毛)に関しては、ほとんど刺激はありません。

 

安全な脱毛ができるのです。

 

その代わり効果については強くないので、ここが悩ましいところですね。

 

刺激が強いニードルとレーザーですが、クリニックでの施術というところが肝心です。

 

もしも問題があったとしたらすぐに対処できるわけです。

 

医療機関なので、お肌に関する薬なども処方できます。

 

赤みが出てしまったとしても、その影響を抑えられるのがクリニックの最大の魅力ですよ。

 

ヒゲ脱毛自体には刺激もありますが、その対策もバッチリなので、それほど心配することはありません。