コンプレックス解消!未成年でもヒゲ脱毛はできるのだろうか?

10代男子もコンプレックスを多く抱えているものです。

 

特にヒゲに関しては、濃いと恥ずかしいといったイメージもあって、なんとか対処したい、と思うわけです。

 

ヒゲの対策方法としておすすめになるのが、ヒゲ脱毛なのですがやはり未成年という部分が気になりますよね。

 

実際に10代でヒゲ脱毛の施術は受けられるのでしょうか。

 

 

■ヒゲ脱毛自体は未成年でも問題なく利用できる

 

・ただし、条件がある

 

10代であっても、ヒゲ脱毛を受けること自体は禁止されているわけではありません。

 

ヒゲ対策として実際に利用できるのです。

 

しかし、注意しなければならないことも有ります。

 

10代で美容整形のようなことをするわけですから「保護者の同意書」といった条件が付加されるのです。

 

自分の意志だけでヒゲ脱毛が利用できるわけではありません。

 

まずは親を説得する、といったハードルを超えなければなりません。

 

ちなみに、10代女性であればお母さんを説得するのはそれほど難しくありません。

 

そもそも今の時代は母と娘が一緒に脱毛サロンに通うことだってある時代なんですよ。

 

一方で、男性は少し難しいかもしれませんね。

 

「容姿なんて気にするな。」と言われてしまうかもしれません。

 

 

■未成年がひげ脱毛する時の注意点について

 

・費用がかなり掛かる

 

脱毛サロンであれば、学割制度が利用できて一般的な価格から10%割引してもらえるケースも実際にあります。

 

しかし、仮に10%割り引いてもらったとしても、学生にとってはかなり大きなお金がかかってしまうのです。

 

本格的にひげ脱毛するのであれば、脱毛サロンで10万円程度の準備は必要なこともあります。

 

美容クリニックで行う場合には、20万円以上です。

 

高校生であればアルバイトもできるので、ある程度は稼いでから脱毛の処置を受けましょうね。

 

 

・ニキビがあると施術が受けられないこともある

 

10代といえば、思春期にも当たるわけです。

 

ホルモンバランスの変化によって、ニキビがお肌に大量発生している可能性も高いです。

 

ニキビが大量発生しているケースですが、脱毛の施術が受けられないことも少なくありませんよ。

 

そもそも、お肌に問題がある状態で脱毛をしてしまえば、炎症などの肌トラブルをさらに加速させてしまうかもしれません。

 

10代でヒゲ脱毛を考えているのであれば、まずはお肌を綺麗に保つように努力しましょう。

 

特に刺激の強い医療系の脱毛を考えている人は、お肌の状態を整えてからクリニックに向かうべきです。