注意せよ!日焼けしているとできないフラッシュ脱毛

お肌が日焼けしている方も少なくありません。

 

特に男性は、日焼け止めを塗ったりといった肌ケアをしているケースはほとんどありません。

 

実はヒゲ脱毛をする時に、その日焼けが大きな問題になるので注意しなければなりません。

 

こちらでは、日焼けとフラッシュ脱毛の関係性について詳しくお話します。

 

 

■フラッシュ脱毛は黒い色に反応するので日焼けしていると利用できない

 

・日焼けをしてフラッシュ脱毛をするとお肌がやけどする

 

フラッシュ脱毛の性質について考えてみるとわかりやすいと思います。

 

フラッシュ脱毛は光を用いて脱毛する手法になります。

 

黒い色に反応する特殊なライトを照射して、その反応があった部位を温めることで毛根などを攻撃するわけです。

 

そこで注意して欲しいのが、フラッシュ脱毛を受ける時に真っ黒に日焼けしている場合です。

 

その黒く焼けているお肌にも、フラッシュの光が反応することになります。

 

お肌にも熱が発生してしまい、やけどを負ってしまう、といったメカニズムを持っているのです。

 

結果的にお肌を炎症させることにもなりかねないので、注意して対応しなければなりませんよ。

 

 

・その他の脱毛法は日焼けしても利用できるのか?

 

医療レーザー脱毛と呼ばれるレーザーを用いた脱毛法があります。

 

そのレーザーも黒い色に反応するシステムとなっています。
ですから、日焼けをしているとフラッシュ脱毛と同様に肌にトラブルを招きこんでしまうのです。

 

もう一つの脱毛法であるニードル脱毛に関しては、日焼けは一般的に関係ありません。

 

毛穴に針を通して電流を流して脱毛する方法だからです。

 

日焼けをしている時には基本的に脱毛は適切ではありませんが、どうしても行いたいのであればニードル脱毛を選択してくださいね。

 

 

■普段の日焼け対策はどうしたらいいのか?

 

・UVカット系のクリームが適切である

 

ヒゲ脱毛は、利用を継続的に続けていくことになります。

 

1回の施術ではなかなか完璧な効果を得られません。
ですから、中長期的な日焼け対策が必要になってくるのです。

 

帽子をかぶったらいいのではないか、と思うかも知れませんが、帽子ではアゴの日焼けを抑制できません。

 

対処法として最も適切なのが、UVカットクリームを利用することです。

 

ヒゲ脱毛をする部位を中心にしっかりと塗ることで、日焼けを抑制できます。

 

より効果的に安全性を高めて脱毛したいのであれば、日焼け対策は常日頃から行ってくださいね。