女性も嫌い|青ひげに悩んでいるなら脱毛がおすすめ

多くの男性が悩んでいるのが、青ひげになります。

 

ヒゲを剃ると、ヒゲの断面が太くなってしまうのです。

 

そして夕方になると伸びてきてしまい、顔が青く見えてしまうのです。

 

中には、剃った直後から青髭の状態になってしまう方も少なくありませんよね。

 

青ひげに関しては、女性もあまり良い感情を持っていません。

 

男性としては、何とかしなければならないのです。

 

そこでチェックして欲しいのが脱毛です。

 

脱毛をすれば青ひげの状態が解消するんですよ。

 

詳しく解説させてもらいますね。

 

 

■青ひげにはどんなデメリットが実際にあるのか?

 

・年上に見られてしまう(老けて見られてしまう)
・カミソリ負けを引き起こしてしまうことが多い
・格好悪く見られてしまうことが多い
・髭剃りが面倒である

 

青ひげの大きなデメリットは容姿です。

 

顔が黒く見えてしまうので、若々しさ、といったものを与えられなくなってしまいます。

 

若いのに5歳年上や10歳年上に見られてしまうこともあるのです。

 

青髭がある男性のほとんどが、一度も実年齢よりも年下に見られたことがない、といった経験をしています。

 

他にも、髭剃りを面倒に感じている方が多い実情があります。

 

さらに、青ひげだからこそ、しっかりと剃ろうと思って深ゾリをしてしまいます。

 

その結果、カミソリ負けの状態になってしまうわけです。

 

お肌が汚く見えてしまうと、更に容姿としてマイナスになってしまいます。

 

このように、青髭があって良いことはひとつもないわけです。

 

では、どのような方法で対処するのがおすすめなのでしょうか。

 

 

■青ひげは根本的に治療すべき

 

・青ひげはかなり強力な毛なので、フラッシュ脱毛では対処できない

 

エステサロンで行われている、フラッシュ脱毛(光脱毛)は非常に作用としては弱いのです。

 

産毛や細い毛であれば、ある程度の役割を果たしてくれますが、しばらくすれば、また前と一緒の青髭状態に戻ってしまいます。

 

そこで美容クリニックなどで行われている、医療レーザー脱毛や医療ニードル脱毛がおすすめなのです。

 

永久的な脱毛ができるので、効果が最も高いのです。

 

ちなみにニードル脱毛はより確実な脱毛方法なのですが、手間がかかる方法でもあるので、本数が多い場合にはあまり向いていません、また、ニードル脱毛は費用も高額化してしまいます。

 

血液検査などもしなければならないからです。

 

少しでも安く確実な効果を得たいのであれば、医療レーザー脱毛の利用をおすすめします。