体験コースを利用する前に「勧誘」をうまく断る方法を用意

 

エステというと激しい勧誘がつきものと考えている方が多いでしょう。

 

もしかすると激しい勧誘が心配で気になるメンズエステを敬遠しているという方もいるかもしれませんね。

 

確かに体験コースなどを利用すると、何かしらの勧誘を受けるはずです。

 

勧誘を行わないと謳っている店舗であっても、コースの紹介ぐらいは行われるでしょう。

 

 

 

こうした勧誘は、店舗における営業活動にあたります。

 

強引な勧誘やしつこい勧誘、危機感を煽る勧誘は問題ですが、相手の反応を見ながらおすすめのコースを紹介する勧誘はおかしな行為ではありません。

 

あくまでも選択権は消費者にあるので、消費者が冷静に必要性を判断して利用の有無を選択すればよいのです。

 

本来は、勧誘があっても必要ないと思えば「遠慮します」といえばよいわけですが、やさしい方の場合この一言が言いづらいですよね。

 

メンズエステが気になるけど勧誘を断るのが苦手という方は、あらかじめうまい勧誘の断り方を用意しておくとよいでしょう。

 

 

 

事前に何パターンか用意しておくと、勧誘があった際も焦る必要がありません。

 

一通り施術を体験してみて自分には必要がないと思った場合、そのことを伝えるのがもっとも簡単な断り方です。

 

必要ないと思った理由を正直に言えば、店舗側も仕方がないと納得するはずです。

 

 

 

しかし、合わなかった部分を正直に伝えることは意外と難しいものです。

 

こうした断り方ができない方は、もう少しオブラートに包んだ言い回しを考えなくてはなりません。

 

オブラートに包んだ言い回しで効果的なのが、選択権を第三者にゆだねる断り方です。

 

例えば、高額なコースであれば「妻が財布を握っているので相談をしないと契約ができない」といえば、その場の契約は回避できます。

 

同じく、他のサロンも体験してから決めたいという理由もその場を回避するのに有効です。

 

 

 

「自分には決定権がない」「今は決定することができない」といえば、その場をしのぐことができるはずです。

 

一般的なメンズエステであれば以上の理由を伝えたところで諦めるか、回答を保留にしてくれるはずです。

 

それでも強引に契約を求めてきたり、他の物品購入を進めてくるところは少し注意をしたほうが良いかもしれません。

 

メンズエステの勧誘が心配な方は、以上の断り方を用意してから利用をするとよいでしょう。

 

ただし、相手もお仕事で行っていることなので冷やかし利用は厳禁です。

 

サービスを評価するという姿勢は忘れないようにしましょう。