危険性はないのか?ひげ脱毛注意点を調べてみた

ひげ脱毛は、顔に対して行われるわけです。

 

デメリットが有るのであれば、少し腰が引けてしまうのも事実ですよね。

 

こちらではひげ脱毛の注意点について詳しく解説します。

 

実際にどんな危険性があるのでしょうか。

 

 

■痛みが強く出てしまうこともある

 

・医療ニードル脱毛だと痛みが強く出てしまうことも

 

医療ニードル脱毛は、毛穴に針を通して電流を直接毛根に送ります。

 

その結果、毛根は焼き切れて機能を停止してしまう、といった作用があります。

 

お肌の奥に電流を流すことになるので、大きな痛みを発生させてしまうことになるのです。

 

実際に、男性でもあまりの痛みに途中でギブアップしてしまう方がいるんですよ。

 

痛いということは、それだけお肌が損傷している事にもなるわけです。

 

医療ニードル脱毛は、利用できるのであれば1度お試しでチャレンジしてみましょう。

 

そして痛みが耐えられそうかを確認してから、利用を計画するのがお勧めです。

 

 

・レーザー脱毛もフラッシュ脱毛もちょっとした痛みがある

 

それほど強い痛みではありませんが、全く刺激がないわけではありません。

 

ゴムでお肌を弾くような感覚の刺激が実際にあるのです。

 

ただ、お肌の状態によっては、より強い痛みを感じてしまうことが有るので、十分に注意して下さいね。

 

 

■複数回通わなければならない

 

・1回では脱毛しきれない

 

ニードル脱毛は、脱毛力が優れているので1回で済むのではないか、と思うかもしれません。

 

しかし、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛、さらにニードル脱毛であったとしても、複数回通わなければなりません。

 

毛のサイクルの状態によって、脱毛の効果が得られないこともあるのです。

 

ですから、中には5回から6回、更に10回近く通って、やっと効果が完全に得られた、といったケースも有ります。

 

 

・料金にも注意しなければならない

 

最も低価格なのがフラッシュ脱毛ですが、効果は最も低いです。

 

レーザー脱毛とニードル脱毛は高額です。

 

しかし効果は抜群なので、この辺りはお財布と相談して決めなければなりません。

 

各クリニックやサロンの価格を比較してから決めるのもお勧めです。

 

脱毛の施術は一律料金ではありません。

 

思った以上に差があるのです。

 

 

■お肌トラブルを起こさないためにはどうすれば良いのか?

 

・日焼けをしない
・保湿する

 

以上の2点を重視してください。

 

日焼けをすると、脱毛の施術を拒否されることも有るので注意しなければなりませんよ。

 

保湿に関してはお肌を守ることにもつながってくるので、日常的な対策の一環として保湿化粧品を利用する、なんてことも考えておくべきです。