ひげ脱毛は濃いところほど痛いって本当なの?

ヒゲは男性の多くに生えているわけですが、濃さは人それぞれですよね。

 

ものすごく濃い人もいれば、薄い人もいるわけです。

 

こちらでは髭が濃い部位は薄い部位に比べて痛みが強いのか、といったお話をします。

 

頬の部分のひげは薄いけど、アゴの髭は濃い、といった方も多いですよね。

 

頬よりもアゴのほうが痛みは強くなるのでしょうか。

 

 

■髭が濃い部位ほど痛みは強くなってしまう

 

・数多くの毛根に影響が与えられるから

 

レーザー脱毛の仕様にも大きく関わってくる問題になります。

 

そもそも、レーザー脱毛は黒いものに大きな作用が与えられるわけです。

 

ですから、黒いものがお肌の中にたくさんあると、多くの黒いモノの付近でお肌に衝撃が与えられます。

 

その結果、痛みが強く出てしまうのです。

 

一方で、毛が薄くて殆ど無い部位にレーザー脱毛をした場合には、レーザーが作用しなくなるので肌に刺激が加えられることはありません。

 

痛みがほとんどでないのです。

 

 

■痛み=効果が出ている、と考えてみよう

 

・レーザーが機能している証明でもある

 

痛みが強く出ている部位は、確実にレーザーの力が毛に影響を与えている事にもなります。

 

レーザーが機能している、といった状態なのです。

 

その部位は、毛が明らかに薄くなってきますよ。

 

しばらくすると、毛が生えてきにくくなり、ツルツルの状態になってくれるかもしれません。

 

一方で、痛みが辛いからと出力を下げてしまうと、低い効果しか与えられません。

 

せっかくの脱毛もまた毛が生えてきてしまう結果を招きかねないのです。

 

耐えられないのであれば、出力を下げるのも仕方ないかもしれません。

 

しかし、耐えられるのであれば、なんとか痛みに耐えて施術を受け続けるべきです。

 

 

■美容クリニックでは痛みに対処してくれないのか?

 

・麻酔を用意してくれることもある

 

美容クリニックなので、麻酔の利用もできます。

 

しかも、体全体に作用するものではなく、皮膚だけに影響を与えるだけのライトな麻酔を利用してくれるのです。

 

大きな副作用を招いてしまうようなことはないので安心して利用して下さいね。

 

 

・冷却ジェルも利用できる

 

患部が熱を持ってしまうことも脱毛ではありがちなことです。

 

赤みがかってしまうこともあるのです。

 

そんな時には、冷却ジェルを利用することができます。

 

お肌を冷やすことは、赤みを減らすことにもつながってきますよ。

 

術後のお肌の状態を整えるのにも冷却ジェルが役立ってくれるのです。