男性のコンプレックス|ヒゲに注目してみた

男性にも様々なコンプレックスがあるのです。その一つが「ヒゲ」です。

 

髭があることで、顔の印象も大きく変わってしまうのです。

 

もちろん、ヒゲを活かしている人もいますが、なかなか思った通りにはいかないわけですよね。

 

こちらでは男性のコンプレックスとヒゲの関係性について詳しく解説します。

 

 

■男性はヒゲのどんなところにコンプレックスを感じてしまうのか

 

・ヒゲの濃さにコンプレックスを抱いてしまう

 

男性なのでヒゲがある事自体には、それほどコンプレックスは持っていません。

 

しかし、ヒゲには、濃い人もいれば薄い人もいるわけです。

 

ヒゲが濃くなると、容姿に大きな問題をもたらしてしまいます。

 

たとえば、青ひげがあります。

 

お肌が青くなってしまうことで、容姿的なコンプレックスを抱えてしまうわけですよね。

 

ヒゲの本数が多いといった原因もありますが。

 

ヒゲの一つ一つが濃い、といったことで青ひげ状態になってしまうのです。

 

青ひげに関しては朝に剃ったのに、夕方にはまた濃くなってしまった、なんてこともあります。

 

 

・年齢を高く見られてしまう

 

いわゆる、「老け顔」のレッテルを貼られてしまうのです。

 

ヒゲが濃ければ濃いほど、若く見られることはありません。

 

美容に興味がある男性にとっては、非常にマイナスなことでもありますよね。

 

特に、20代前半でヒゲが濃くなってしまった男性にとっては、年齢が高く見られてしまうのは大きなダメージとなってしまいます。

 

もちろん、女性受けも悪くなってしまうかもしれません。

 

 

■ヒゲのコンプレックスをなくすためにはどうすれば良いのか?

 

・ひげ脱毛を全体的に行ないスッキリとしてしまう

 

髭を伸ばす、といったことを考えていないのであれば、ヒゲを全体的に剃ってしまうのがお勧めですよ。

 

そうすれば、ツルツルの状態になるわけです。

 

ヒゲを剃る必要もなくなります。

 

夕方にヒゲが青くなってしまう、なんて心配をする必要も一切なくなるのです。

 

顔全体の脱毛に関しては、それなりの費用がかかってしまいますが、容姿的なコンプレックスが一気に無くなるかもしれません。

 

非常に大きな効力を持っているのです。

 

 

・デザインヒゲにしてみる

 

せっかく髭が濃いのであれば、それを活かしてデザインヒゲにしてみる、なんて方法もおすすめです。

 

単に髭が濃いといった状態よりも、綺麗にひげ脱毛で整えられている方が、女性受けも圧倒的に良くなるんですよ。

 

最近では、実際にデザインひげ脱毛をしている男性も増えてきています。