メンズエステも「クーリングオフ(一定期間内の契約解除)」制度があります

 

エステというと強引な勧誘が心配という方もいるはずです。

 

かつては一部業者が悪質な勧誘を行っていたようですが、社会問題化したこともありこうした勧誘は下火となっています。

 

現在では、勧誘なしを謳う店舗が登場したり、都度払い、月額制を採用するメンズエステも登場しています。

 

昔に比べて、随分と安心して利用できる環境が整っているわけですが、それでも利用に不安を感じる方はいるでしょう。

 

 

 

幸いなことに、エステの取引はクーリングオフの対象に指定されています。

 

万が一、誤って契約を結んでしまっても、クーリングオフを利用することができるので安心してメンズエステを利用してみてはいかがでしょうか。

 

クーリングオフとは、特定商取引法やその他の法律により定められた消費者を守るための特別な制度です。

 

具体的な内容は、消費者が不意打ち的な取引で契約を結んだり、複雑でリスクが高い取引を契約した場合、一定期間内であれば無条件で一方的に契約を解除できるという制度です。

 

クーリングオフが適用される取引と期間は法律で定められており、その中にエステ(条件によってはクーリングオフできない場合もあります)が含まれています。

 

エステの場合は特定継続的役務提供にあたり、8日間以内であれば無条件で一方的に契約を解除することができます。

 

クーリングオフを活用できる期間は、申込書面あるいは契約書面のいずれか早い方を受け取った日から8日以内です。

 

クーリングオフは、契約解除の旨を書面(ハガキ)で通知することで行います。

 

 

 

販売会社はもちろん、クレジットカード契約の場合は信販会社にも通知をします。

 

書面には「契約を解除すること」と、契約年月日・商品名・契約金額・販売会社名(信販会社名)・代表者名・返金・返品を求める文言・年月日と差出人の住所と氏名を記載します。

 

以上を記載して、ハガキの両面をコピーし、特定記録郵便あるいは簡易書類で送付します。

 

コピーや送付記録は証拠となるので、差出人が保管をしておきます。

 

この書面を申込書面あるいは契約書面を受け取ってから8日以内に送ります。

 

以上の手続きにより、クーリングオフ制度を適用することができます。

 

支払ったお金を返してもらい、受けとった商品などがあれば返品しましょう。

 

 

 

万が一、業者がクーリングオフへの妨害を行った場合は、8日間を過ぎてもクーリングオフを行うことができます。

 

消費生活センターに相談をすることで、クーリングオフのより詳細な利用方法、お取引への適用の有無を確認することができます。

 

クーリングオフを利用したい方は、まずは消費生活センターに相談するようにしましょう。