ひげにコンプレックスあり|ヒゲを薄くするにはどうすれば良い?

ひげにコンプレックスを抱いてしまっている女性が非常に多いのです。

 

男性であれば、ホルモンの影響もあって、ヒゲが濃くなってしまうのは自然現象になります。

 

しかし、男性アイドルなどを見てみると、ヒゲが薄いですよね。

 

女性はそちらを好んでしまうケースが非常に多いです。

 

ヒゲのコンプレックスを除去するためには、ヒゲを薄くするしかありません。

 

どのように対処すればよいのでしょうか。いくつかの方法を考えてみました。

 

 

■日焼けをしてみる

 

・色を黒くすればヒゲが目立ちにくくなる

 

ヒゲは黒いわけです。

 

白い肌に黒い髭があると目立ちますよね、そこで、日焼けをするわけです。

 

お肌が黒くなることによって、黒いヒゲが生えてきても特に目立ちにくくなります。

 

ただし、注意して欲しいのが、ヒゲは清潔感がないから女性に嫌われる、といったこともあるのです。

 

男性で黒黒と日焼けしていると、やはり清潔感がない、と思われてしまうことがあります。

 

確かに日焼けをすればヒゲは目立ちにくくなりますが、その代わり日焼けの結果、女性から避けられてしまう事になるかもしれません。

 

さらに、ヒゲの量に変化が与えられるわけでもなく、ヒゲの処理は継続していかなければならないのです。

 

手間、といった点では日焼けは無力です。

 

 

■ヒゲ脱毛の施術を受ける

 

・根本的な解決を図れる対処法である

 

ヒゲ脱毛でヒゲのコンプレックスを無くす方法を推奨します。

 

理由としては、根本的な解決が図れるからです。

 

ヒゲ脱毛を実施すると、次に生えてくるけど細く産毛のような状態にできることもあります(フラッシュ脱毛のケース)。

 

一方で、医療ニードル脱毛や医療レーザー脱毛のケースであれば、ヒゲを根本的に減らすことも出来るのです。

 

毛根に直接的な作用が与えられるので、圧倒的に素晴らしい結果が得られるかもしれません。

 

実際に、ニードル脱毛とレーザー脱毛に関しては永久脱毛が出来るのです。

 

毛根が完全に破壊されることで、二度とヒゲが生えてこなくなります。

 

ヒゲの本数を確実に減らせるので、今後ヒゲの処理や、青ひげといったもので悩まされにくくなりますよ。

 

ただ、それだけの強い作用が有るので、お肌に刺激がある点は否めません。

 

強い刺激が出てきてしまうと、色々と問題が出てくるかもしれないので注意して対応して下さいね。

 

レーザー脱毛とニードル脱毛後は、施術後に患部をしっかりと冷やす、患部を温めない、といった心がけをしておけばそれほど大きな心配はありませんよ。